読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リテラシーラボラトリ

リテラシーを考える

KindlePaperwhiteは電子書籍生活の一歩に最適かも

KindlePaperwhiteを思わず買ったわけだけど、すごすぎる…。最近買った買い物の中では、正直iPhone5Sよりも衝撃が大きかった。

まず発送からイカしていた

本質ではないですが、とても印象的だったのがその送られ方。Apple以上にシビレました。

以下が梱包の箱です。毎度おなじみのAmazonのニッコリロゴのダンボールではなく、KindlePaperwhite専用の箱がそのまま送られてきます。上部がシャープに斜めに削られていて、なかなかクール。

f:id:Swatz:20131029214913j:plain



そして、開けるとKindlePaperwhiteの本体。それとケーブルと説明書のみ。シンプル。一切不要なものが入ってないところはApple製品を彷彿とさせます。

f:id:Swatz:20131029215121j:plain

そして一番驚きだったのは、最初から電源が入っていたこと。最初ディスプレイに紙が貼ってあると思って剥がそうとして、5分たって初めてそれがディスプレイに表示されているものと気づきました…。綺麗すぎるねん…。まさか電源が入ってるとは思わなかった。これはさすがのAppleでもしてはいないサプライズですね。プライム会員にお試しでなっていたので、翌日発送だからというのもあるのでしょうか。

ご指摘いただき、電源入っていたわけではなく、E-Inkの特徴で電源切っても表示が残るらしいです!失礼しました!

f:id:Swatz:20131031083034j:plain

その上さらに驚いたのは、設定がほぼ不要という点。なんとAmazonのIDが最初から紐付けられているのです。いきなり「○○○○さん」と呼びかけられたのはビビリました。その後、スムーズに同期、または買い物ができちゃうわけです。発送元がAmazonなので、当然設定ができてしまうわけです。「怖ッ」という意見もあるかと思いますが、それを軽く上回るくらい楽。これは強みです。Wi-fiの設定などは必要ですが、それも1クリック。初期設定って面倒なことが多い中、これは特に印象的でした。これらはAmazonだからこそ出来ることだと思います。

まさに、「その発送の発想はなかった」といった感じです。…言ってみたかっただけです。。

手元で見れる感じ素晴らしい

そして実際に使ってみたわけですが、非常にいい。手にフィットします。今までiPadのKindleアプリで見ていたからか、その軽さと小ささに驚きます。ざっくり17センチ×12センチ。iPhone5より大きく、iPadminiより若干小さいサイズです。そして、とにかく軽い!213グラムなので、iPadminiの2/3くらい。今まで持っていたiPadが600グラムだったので、軽いの何のって。

とにかく片手で持っていて、一切疲れない。いつでも見れる。これは読書体験においてとても重要なことです。

ジャケットのポケットはもちろん、ズボンの後ろポケットにもスッと入るサイズなので、手ぶら派の私には嬉しいばかりです。気軽に通勤できます。

端末が安ッ!書籍が安ッ!

そして、一番気にするのはその価格ですが、 Wi-fi版で9,980円(2013年10月31日時点)。10,000円切っちゃうお値段。食指が動いちゃうレベルですね。さらに、トドメをささんばかりに、11月30日までにゲットすれば、1,980円分のKindle本用クーポンがもらえちゃいます。それを加味すると、8,000円切っちゃうんですよね…。ゴクリ…。

そして肝心のコンテンツもとてもいい。毎月実施している月替わりのキャンペーンに加えて、今なら「Kindleストア 1周年謝恩セール」をやっています。ベストセラーが安い安い。半額以下も多くてびっくりしました。中には100円以下とかあるし…。これは上手い…。そして以下のものを買いました。10月31日までの割引なので、気になった人はお急ぎください!

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)

5年後、メディアは稼げるか―Monetize or Die ?

5年後、メディアは稼げるか―Monetize or Die ?

源氏物語 完全版

源氏物語 完全版

脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める 生活人新書

脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める 生活人新書

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる

ワーク・シフト (孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>)

ワーク・シフト (孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>)

まとめ:電子書籍どんな感じかな、という人には最適

という感じで発送から購入、そして利用まで驚き体験の連続でした。電子書籍ってまだまだ紙には勝てないだろうとタカをくくって見物していました。が、端末と書籍の安さにひかれて試してみたら、これが予想以上にイイ。表示も早いし、バッテリーの持ちも相当にいい。

そういった点で、電子書籍生活を始める第一歩として、KindlePaperwhiteは最適なのではないでしょうか?ぜひご検討ください。

あ、ただ上記のセールは期間が限られているので要注意ですよ!

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Copyright (C) 2012- copyrights.Swatz All Rights Reserved.

このブログはSwatz個人の見解であり、所属する団体の見解とは異なるものです。