読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リテラシーラボラトリ

リテラシーを考える

DeNA南場さんから学ぶ、人材の育て方とは

DeNA南場さんの書かれた「不格好経営」という本が社内で(一部?)話題になっています。かくいう、ぼくも紹介されてすぐに買って読んだところ、とっても面白い本でした!
f:id:Swatz:20130705141631p:plain:w500



(※敬称略で失礼します)

この本の最大の特徴

「それにしても、マッキンゼーのコンサルタントとして経営者にアドバイスをしていた自分が、これほどすったもんだの苦労をするとは……。経営とは、こんなにも不格好なものなのか。だけどそのぶん、おもしろい。最高に。」――創業者が初めて明かす、奮闘の舞台裏。

と帯に紹介されている、こちらの本。DeNAの創業者・南場智子さんの著書です。ベストセラーになっているので、知っている方も多いかもしれません。

壮絶なDeNAの創業の裏側が南場さんの軽快なタッチで語られる新鮮さ。本当にグイグイと引きこまれます。そしてDeNAだけでなく南場さんの人生も語られ、刺激的でした。

といったように数ある特徴がありますが、私が思うこの本の最大の特徴は、メンバー一人ひとりの顔が見えることです。誰が何をしたのかが書かれているのはもちろん、どんな表情でなどが細かく描かれています。いかに南場さんが仲間を見ていたかが分かります。そして、それらメンバーへの南場さんの感謝の思いにあふれています。「はじめに」と「あとがき」を読むと、礼が尽くされているなあと感じます。

優秀な人材の好循環

それら感謝されるメンバーの皆さんですが、非常に優秀な方ばかりです(ドジした面もよく描かれていますが)。南場さんの優秀な人材へのこだわりです。そして彼らがまた優秀な人材を育て、連れてくるという好循環を生み出しています。僕が前にブログをきっかけに出会った学生の方も、DeNAの人に惹かれたと言っていたのを思い出しました。
f:id:Swatz:20130704212001p:plain:w500
南場さんが当初より優秀な人と会社を起こし、優秀な人を見つけ口説き、そして彼らが育ち、ヨソの会社から何人も引き連れてくる。そして優秀な人で集まった集団は離職率が低くなる。これはサイバーエージェントの藤田さんも同じこと言っていたなあと思い出します。

起業家

起業家

こうして組織は拡大していきます。これこそ「優秀な人材の好循環」と言わず、なんといいましょう。良い企業はこのサイクルがあることでしょう。

育てるということ

この流れの中で特に大事だと思ったのは「育てる」ことです。では育てるとは何か。それは「任せる」ことだと南場さんは仰っています。
f:id:Swatz:20130704212005p:plain:w500
人が成長する最大の要因は、「成功体験」だと言います。しかも、それはただの成功ではなく、「七転八倒したあげくの成功体験」がいい。それが自信につながるのだと。
だからDeNAという会社では、失敗のリスクより成長しないリスクをとらない。「リスクはとろう、でも人が育たないリスクはとらない」という選択をするのです。

本書を読んでみると、それはもう「任せる歴史」でありました。これは本書を読んでみていただければわかります。本当に多い。任せられた側は相当に大変だったのだと思います。しかしそれゆえ大きなプロジェクトができたのでしょうね。

f:id:Swatz:20130705142020p:plain:w500

詳しくは是非本書をお読みいただければと思います。

自分におきかえて

経営者視点からいえば「任せる」ですが、一従業者からいえば、「任される」ということです。任されることは簡単なようで簡単ではありません。誰でもそんなチャンスはもらえないわけです。

当然彼らには南場さんから任されるだけの理由があったのだと思います。では、その理由は何でしょうか。それはぼくは「本気でやりたい」という気持ちなのではないかと思っています。やる気のある人にチャンスが与えられる。当たり前のことのようですが、難しいこと。これがなければ、任されることもない。そして成長もありません。

彼らは任せられ、そして失敗もしながら、結果的に成功した人。失敗だけ見れば優秀じゃないようですが、本当に優秀な人は大きな仕事を任せられ、大きな失敗ができる人だと思います。

同じように僕も成長したいと強く思います。けれど、成長オタクはいけないと本書では強調されます。成長はあくまで結果であり、それをさせるのは目の前の仕事を目一杯やることだと。僕なんかはビジネス本を読んで、「成長した気」になりがちなので、背筋が正されました。

やりたいことを任されるよう、頑張らなければならないと思った次第です。引き続きがむばりたいと思います。

不格好経営―チームDeNAの挑戦

不格好経営―チームDeNAの挑戦

Copyright (C) 2012- copyrights.Swatz All Rights Reserved.

このブログはSwatz個人の見解であり、所属する団体の見解とは異なるものです。