読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リテラシーラボラトリ

リテラシーを考える

「新しいiPad」で快適に書くためのシンプルな方法

僕のブログで「iPad」の記事が、地味にけっこう読まれています。

さて僕は、もう買ってから9ヶ月経ちました。みなさんは、「新しいiPad」をどのように使われていますか?





多くの人は「Kindle」とか「Nexus7」「iPad mini」に浮気していることと思います(笑)この9ヶ月でいろいろ出ましたからね。気持ちは、よく分かります。


結局使わずに、ただの「まな板」になりやすいiPadですが、僕は、ほぼ毎日使っていて手放せない状況です。使い道は、主に「書く」「観る」「作る」の3点ですが、「書く」について紹介します。

この記事が、最近iPadを放置してしまっている人の参考になれば、僕にとってもiPadにとっても幸いです。

「無線キーボード」で超快適に「書く」

「書く」というのは、キーボードで打ち込むということです。普通PCでやる打ち込むという作業ですが、外で書くという点ではiPadは良いなあと思っています。少し外出する時は、必ず持っていくようにしています。


もちろんそのままのiPadは、お世辞にも打ち込みがしやすいとは言い難いです。あのiPad上のキーワードは相当の慣れが必要ですからね。。


なので僕はApple純正の無線キーボードを使っています。

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B


普段からMacBookAirを使っているので、純正のキーボードが手に馴染みます。上は日本語ですが、僕はUSキーボードを使っています。理由は単純にカッコイイから。それだけです(笑)


また僕の周りでは、Nintendoのキーボードを使っている人をよく見ます。こちらも安いし小さいのでおすすめ。

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)


ピカチューとか書いていますが、それはどうでもよくて(笑)ちゃんとしたキーボードです。実際触ってみて、打ち込みしやすいキーボードだなと感じました。詳しくは以下の記事を読んでください。

「ATOK Pad」を使って、超スムーズに「書く」

無線キーボードを手にすることで大分スピードは上がりますが、それだけでは不十分です。


なぜか。iPadは「変換がアホ」だからです。


あまり長文を書かないのであれば気にならないのですが、長い文章を変換すると、そのアホさ・使いづらさがよく分かります。求めている変換候補がなかなか出ず、涙する、という経験をiPadユーザーなら誰しもがすることでしょう。


PCであれば「Google日本語入力」なんぞを入れれば、すぐに解決なのですが、iPadには残念ながらございません。ではどうするか、ということでオススメなのが「ATOK Pad」です。


「ATOK Pad」は、一太郎などで有名なジャストシステム社のアプリです。PCのATOKでお世話になっている人も多いかと思います。その優れた変換機能を、iPadとiPhoneに持ち込んでくれるのが、この「ATOK Pad」です。



Evernote連携など多くの良機能がありますが、とにかく言いたいのは「変換が頭良い」ということ。


f:id:Swatz:20121218223930p:plain
(辞書機能まで搭載。気になる単語がすぐ確認できる)


iPadにそのまま打ち込んでると、この素晴らしさに気づきにくいのですが、キーボードで、ある程度長い文章を書いてみると、全然違います。変換でいちいちつまづかないことの大きいこと大きいこと!やはり書くことに集中できるよう、無駄な変換は省きたいですね。


もちろんATOK Padでも上手く変換されない場合もあります。が、その時は「Shift+alt+7」を押しましょう。簡単に「単語登録」ができます。めちゃ便利。


詳しくは以下の公式サイトを読んでみましょう。

書いた物は「Evernote」でまとめて整理

「ATOK Pad」で書いたメモをどうするか。そのまま「ATOK Pad」で保存というのも悪くはないのですが、どうせならPCでもスマートフォンでも見れるようにしておきたい、ですよね。


そんな時は何も考えず、「Evernote」に放り込みましょう。iPad版がなかなかグッドなんです、これが。

¥0
(2012.12.28時点)
 iTunes で見る
posted with ポチレバ


「Evernote」は最近アップデートし、アプリデザインが大きく変わりました。最初は戸惑いましたが、慣れるとめちゃ便利。


f:id:Swatz:20121218225328p:plain
(ノートブックを選ぶ時、スイスイ動いて気持ちがイイ!)


カメラ使って書類などをスキャニングできるとか、多くの便利な機能がありますが、とにかく言いたいのは「全体のノートが見やすくて気持ちがイイ」ということ。


Evernoteは、1枚のメモとして「ノート」を作成できます。そして、その「ノート」を「ノートブック」としてまとめることができます。さらにその「ノートブック」を「スタック」まとめることができます。


Evernoteを使って何でもかんでもメモしていると、たくさんの「ノート」が出来ます。それをそのまま放置するのもいいですけど、「どうせなら整理したい」という気持ちになるので、「ノートブック」にまとめることになります。しかし使い続けてると「ノートブック」でも足りなくなって、「スタック」にまとめる。そんな流れです。


で、まあそうこうしているとこれまで書き続けたEvernoteの全体が見えなくなってきます。しかしこのiPad版のEvernoteのノートブックは非常に見やすい。「スタック」をタップすると、「ノートブック」がスイーとひろがり、「ノートブック」をタップすると「ノート」が一覧で見れる。


その動作の快適さったら無いですよ!よりEvernote使ったろうじゃないか、という気持ちにさせてくれます(笑)


また僕はプレミアムに登録しているので、オフライン時でも見れちゃうのが本当に助かってます!


Evernoteの活用については、以下の記事なんぞを見るのがよいかと思います。

iPadで「書く」こと

「新しいiPad」と無線キーボードで、「ATOK Pad」にメモをし、それを「Evernote」にまとめておく。そして、最後に「はてなブログ」へという流れが最近増えてきました。


PCでいいじゃないか、と言われそうな気もしますが、僕が使い続ける理由でもあり、iPadはPCに絶対負けないことがあります。それは「立ち上げの早さ」です。


PCも以前と比べれば随分と速く起動するようになりましたが、それでもiPadには勝てません。「立ち上げ」なんてものが無いといっても過言ではありません。ポチッと押した瞬間から使えます。


このスピードがすごく大事なことだと思います。なぜなら「書きたい」と思ったときに書けなければ、「書く道具」としては失格だからです。そこに時間がかかってしまっていては、書きたい気持ちが失せてしまう。アナログなメモ帳や手帳が無くならないのも、ここらに理由があると思います。


とはいえ、すぐに書けても、書いてる途中につまづいていたら、結局は書く気力は失せるわけで、そのための工夫が上に紹介したことだったりします。


自分の「書きたい」という気持ちを「書く」という行動に現す意味では、iPadはなかなかいいモノですよ?ということで、「iPad」の良さを「書く」という点で、改めてフォーカスしてみました。


もしよろしかったら、久しぶりにiPadで書いてみましょう。思わぬ快適さが、そこに待っているかも。

Copyright (C) 2012- copyrights.Swatz All Rights Reserved.

このブログはSwatz個人の見解であり、所属する団体の見解とは異なるものです。