リテラシーラボラトリ

リテラシーを考える

人生100年時代において、どう生きるか

大江千里、47歳で始めた僕の「ライフ・シフト」 | ワークスタイル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

お金の価値観が変わる時代だよなあ。“僕にとってはそれ以上に意味のあるおカネのような気がします”

2018/01/31 16:16

こちらの記事を読んで、カッコイイなあとしんみり。

他人がつくる「よき人生」でいえば、日本国内でポップミュージシャンとして活躍していればよかったんだろう。

けれど、そうはせずに、47歳からジャズ・ミュージシャンを目指し、一から勉強し直した。

きっと周りからは「もったいない」とか「バカだな」とか様々な中傷があったろう。

けれど自分の生き方を自分が决めたこと。

だから貫き通せたのだろう。

他人からどう言われても、自分が正しいと思える道を歩める強さこそが、人生100年時代に必要なんだろう。

記事にも書いているが、「金を稼ぐ=正義」の公式は崩れている。

有形資産だけではんく、無形の資産が今まで以上に重要になってきている。

もちろんお金はあるにこしたことはないが、それだけでは生きにくい時代だ。

そんな時代に必要なのは、自分の選択を信じる力と、様々な分野での経験だと思う。

人工知能が進化していった先、人の仕事がゼロになることは想像しがたい。

ミシンが生まれ、裁縫職人がいなくなったわけじゃないように、新たな仕事を人はつくるだろう。

単なる作業がなくなり、人は人工知能ではできない超クリエイティブな仕事が求められる。

超クリエイティブというのが重要で、単なるクリエイティブであれば人工知能は既存のものから学習して、やってのけてしまう。

そうではなく既成概念を超えた新たなものを作る必要に、多くの人が迫られるようになる。

ワクワクする一方で、結構怖い時代になる。

そういう時代を生き抜くためには、一つのことに留まっているのはリスキーだ。

様々な分野で色んなスキルを身に着け、経験を重ねることで、それらをかけ合わせて新しいものを作っていく必要がある。

もちろんひとつのことに特化して勝負できる人はそれでいい。

けれど、そこは今まで以上に厳しい時代になる。


自分のような凡庸な人間は、いろんなものをかけ合わせてこれからの時代を生き抜いていくしかない。

昔はネット業界、そしていまは出版業界に足を突っ込んでいる。

業界の気質の変化に驚きながら、その変化の違いを楽しめてきている。

これから時代がどうなるかなんて誰にもわからない。

多様な経験をできていることに感謝し、挑戦し続けたい。


これからの時代は今まで以上に不安な時代。

だからこそ今まで以上に自分とその選択を信じないといけない。

自分の人生の成功は他人にはない、自分にしかないのだから。

2017年面白かったマンガたちと、DLすべきマンガアプリ

2017年もよいマンガと多く出会えました。紙と電子を上手く組み合わせ、時にはアプリで見ながら楽しんだ1年でした。

その中でも個人的によいなーと思ったものを紹介。他の人のを見ると、また面白いですね〜。マンガ通過ぎよりも、素人のオススメの方が気軽に見れて好き。

さてそんな素人のおすすめはこちら。

2017年面白かったマンガ

マンガから音楽が聞こえてくる初体験『BLUE GIANT SUPREME』

ジャズ漫画。

前作『BLUE GIANT』の続編にあたり、主人公がドイツへ武者修行に行ったところから始まる。

この漫画はとにかく熱い。ジャズなんて全然知らなくても、引き込まれる。

初めての体験だった、マンガから音楽が聞こえてくるのは。

それと言語の工夫もすごくよくて、英語・ドイツ語・日本語がマンガの中で入り乱れる。
言語がわからず、置いてけぼりにされる感じもまさかマンガで体験できるとは思わなかった。

続きを読む

【fitbit charge2 レビュー】「あ、これ健康になるわ」と予感させるガジェット

ついにfitbitデビューしてしまいました。最新機種fitbit charge2。わくわくにも健康にもさせるガジェットです。

このfitbit charge2へのワクワク感、期待感を少しでも伝えたいと思い、ブログしてみました。

開封の儀 

さて、いきなり開封の様子です。


f:id:Swatz:20161026204649j:image

 

続きを読む

ブログで独立騒動で言いたい、ブログで食ってく難しさと4つの「水物」

ここ1〜2年で、「ブログで独立するぞ、ウオオオオ」「大学やめるぞ、会社やめるぞ、ウオオオオ」という人が増えている。そして、このブログ独立論について、議論が交わされる。この流れを何回見てきたことか。

www.ishidanohanashi.com
p-shirokuma.hatenadiary.com


僕の立場は若干複雑だ。というのもWeb2.0が騒がれたころは「ブログで独立できるのか、まじかあああ」という張本人だったからだ。実際それで食べていけてる(風な)人が多かったし、それについては前向きに捉えていた。(最近見ないけど、元気かな…)

けれど、今は違う。どちらかと言えば、「おいおい、とりあえず落ち着け」派になっている。なぜなら「水物」ゆえ、難しさを痛感してるからだ。

以下の4つの水物がその理由だ。

  • 広告が水物
  • SEOが水物
  • 読者が水物
  • 熱意が水物
  • まとめ
続きを読む

『食戟のソーマ』を読んで、主人公「幸平創真」から大きな変化を起こす心構えを知った

マンガからは本当に色んなことを学ばせてもらえる。今日は生き方と勇気をもらった気がする。

家をマンガばかりにしたいところだけど、スペースの問題とお金の問題で、極力家に置かず、Kindleと漫画喫茶とスマホアプリなどを駆使して、幅広いマンガを馳走している。

今回は恥ずかしながら『食戟のソーマ』の主人公から、気づきと元気をもらった。

  • 『食戟のソーマ』にある「昔ながら」という新しさ
  • 主人公「幸平創真」は、とにかくまっすぐに突き進む
  • ぶつかり続けて、初めてムーブメントを起こせる
  • まとめ:マンガと思って侮るなかれ

食戟のソーマ 13 (ジャンプコミックス)

続きを読む

Copyright (C) 2012- copyrights.Swatz All Rights Reserved.

このブログはSwatz個人の見解であり、所属する団体の見解とは異なるものです。